ダイエットしたいのに甘いものがやめられない

スイーツ

ダイエットをしたいのに甘いものがやめられなくて自己嫌悪に陥っている方も多いと思います。


実際に私もそうでした。


大好きなスイーツを食べたくなっても、とにかく我慢して食べないようにして、その反動で甘いものを一気に食べてしまってリバウンドしてしまうということの繰り返しでした。


でも、やっぱり極端に好きなものを減らすと逆にストレスがたまってリバウンドに発展しやすいので、程よく付き合っていく方法を取ることが大切です。


そこで、ダイエット中だけどどうしても甘いものがやめられないという方に、正しい知識や、お菓子などの甘いものとの上手な付き合い方を紹介していきましょう。


糖の吸収を抑えるサプリが500円



甘いものが太りやすい理由を理解する

ダイエット中についお菓子を食べてしまうような甘いもの好きの方でも、やっぱり砂糖などを多く含むものは控える必要があります。


でも、ただ糖質を控えましょう!と言っても、どうして控える必要があるのかを理解していないと、うっかり食べ過ぎてしまうこともあるので、自分の中で甘いものに対するブレーキをかけるためにも、どうして糖質を摂ると太ってしまうのかを理解しておきましょう。


糖質と脂肪の関係

砂糖をたくさん使ったものを食べ過ぎると太ってしまうということは、誰もが当たり前のように認識していることだと思いますが、どうして太ってしまう(脂肪になる)のか、そのメカニズムは意外と知らないのではないでしょうか?


糖質を摂りすぎるとどうして太ってしまうのか?というと、私たちの体はそれほど多くの糖分を蓄えることができないため、摂りすぎた分は脂肪として体に蓄えられるからです。


私たちは運動をしたり脳を働かせたりするのに糖質を使うということは聞いたことがあるでしょう。


砂糖などから摂取した糖質は体の中でブドウ糖へ分解されて血液中に取り込まれて、脳や筋肉を働かせるためのエネルギー源として使用されます。


でも、血液中にブドウ糖が増えすぎる(血糖値が高い)と血管に様々なダメージを与えてしまうため、インスリンというホルモンの働きにより血液中のブドウ糖が変化して脂肪として貯蔵されるのです。


そのため、アスリートのように運動をするわけでもないのに砂糖がたくさん入った甘いものをたくさん食べると、過剰に摂取した分が脂肪になった結果、肥満体型になってしまうのです。


一般的に脂質をたくさんとると何となく脂肪になるイメージはあるけど、砂糖がどうして脂肪になるのか全くイメージできないために、肉や油物は食べ過ぎないように気を付けているのに甘いものはつい食べ過ぎてしまうという方も多いので注意が必要です。


特に女性の場合は油や脂肪がたっぷりと含まれるこってりとした食事が好きという方は少ないので、実は脂質よりも糖質の取りすぎが肥満の原因になっていることが多いのです。


そのあたりを勘違いして、太らないように揚げ物は食べない代わりに、お菓子を食べるといった間違った食事方法をやってしまいがちなので、糖質は脂肪に代わりやすいということをしっかりと頭に入れておいてください。


糖質は依存症になってしまう

糖質は脂肪になりやすいだけでなく、依存症になりやすいというやっかいな一面もあるため、ダイエット中なのについ食べてしまうといったことを引き起こしてしまうのです。


糖質の過剰摂取により消費しきれなかったブドウ糖は、体内で内臓脂肪や皮下脂肪に変化したり、脳内のβ-エンドルフィンという物質の量を増やす。そして、このβ-エンドルフィンには一種の“麻薬作用”、つまり中毒性があるのです。特に糖質と脂肪を一緒にとるとβ-エンドルフィンはより増えることがわかっています。 出典:週刊女性PRIME

上記のように、「糖質は中毒性があり、脂質と一緒に摂ると中毒性が増す」のです。


だから、砂糖や脂肪がたっぷりと入った生クリームなどを使ったスイーツは、食べた後に快感ともいえるような幸せを感じますし、習慣になってしまうと改善が難しくなりがちなんですね。


また、中毒性があるためダイエット中だからといって急に甘いものを断つと、精神的に不安定になり、ストレスが強くなってイライラしたりして目標体重になってから食欲に歯止めがかからずにドカ食いしてリバウンドしやすくなるという悪循環にはまりやすいのでしょう。


そのため、ダイエット中に甘いものを制限することは大事ですが、急激に減らしたりスパッとやめるのではなく適度な量を摂取するような上手な付き合い方をすることが大切なのです。


炭水化物の取りすぎにも注意

つい甘いものを食べ過ぎてしまうのを防ぐために、お菓子などの間食を減らす代わりにご飯を一杯食べようと思っている方もいるでしょう。


でも、注意しないといけないのは、ご飯(白米)やパン、パスタや運動などの麺類など主食と言われるもののほとんどは実は糖質からできています。


一般的には炭水化物と呼ばれますが、炭水化物は糖質と食物繊維を併せたものを指す言葉です。


でもほとんどの場合、炭水化物はほとんどが糖質からできているので、甘いものを減らした分だけごはんやパンに置き換えても糖質の摂取量はそれほど減りません。


だから、甘いものだけでなくお米や小麦粉を多く使った食材も含めて控えるようにすることを忘れないでください。

砂糖を取りすぎなければダイエット中でも甘いものOK

ダイエット中ならある程度は甘いものを控える必要があるし、糖質には中毒性があるから制限しつつも上手に付き合うことが大事と言いましたが、糖質が少ないものであれば食べても問題ないという点もしっかりと認識しておきましょう。


普段はあまり意識していないと思いますが、意外と砂糖などは控えめなのに満足感は得られるようなものあるので、そういったものをうまく利用することが大切なのです。


糖質は体内に取り込まれてから徐々に血糖値が上昇するので、脳が糖質をしっかりと摂ったと感知するまでに結構時間がかかります。


そのためついつい食べ過ぎてしまいがちですが、例えばこの脳のタイムラグをうまく利用して食べきるのに時間がかかるものを食べたりすることも、糖質を摂りすぎに満足感を得る方法として効果的なのです。


ケーキなら1個くらいペロリと食べれちゃうし目の前にあれば2〜3個食べられるという方でも、ガムや飴なら1個でもそれなりに満足感が得られますよね?


このようにダイエット中は甘いものを完全に食べないようにするのではなく、工夫をしてほどよく摂取することも可能なのです。

ダイエット中に上手に甘いものを取る方法

砂糖など糖質を多く含むものは脂肪になりやすいけど、ダイエット中にどうしても甘いものが我慢でき体という方のために、私が実践して効果的だと感じた甘いものとの上手な付き合い方を紹介しておきましょう。


基本的なやり方としては


  • おいしいものを少量食べる
  • おすすめは高級なチョコレート

というものです。


それぞれについて詳しく説明しましょう。


おいしいものを少量食べる

甘いもの好きな方だと、お菓子などを目の前に置いておくと無意識のうちにたくさんを食べてしまうという方は多いと思います。


私もそうでしたが、袋入りのお菓子などは開けたら1袋食べきらないとスッキリしないタイプだったのですが、ある時からちょっと高級でおいしいスイーツなどを少量食べるというやり方に変えてみたのです。


これは、図書館で見かけた「フランス女性は太らない」というタイトルの本を読んだことがきっかけでした。


実際にフランス料理や食事もデザートもすごくおいしいのに、なぜか肥満の方が少ないイメージがありますよね。


これはフランス人の食事習慣に秘密があって、彼女たちは「見た目、香り、味に加えてゆっくりと時間をかけて食事を楽しむことで心の満足を得ることで、食べ過ぎを防いでいる」といった内容でした。


私も経験上、ドラッグストアなどに売っている安いお菓子だと1袋無意識に食べてもそれほど満足感はない(満腹感はあるけど)のに、おいしいと評判のデパ地下のケーキなどは1個でもなぜか満足するできるということが多々ありました。


だから、多少値段が高くてもおいしいと評判のものを選ぶことで、糖質はそれほど摂取していないのにしっかり満足感を得ることができるのです。


オシャレなお店の雰囲気やショーケースに並んだおいしいそうなものを選ぶときの楽しみも含めて楽しめるので、1つだけでも十分満足できるのです。


しかも、価格が高いことが食べ過ぎにブレーキをかけてくれるので、つい甘いものをたくさん食べてしまう方には本当におすすめです。


おすすめは高級なチョコレート

ダイエット中に少量の甘いもので大きな満足感を得るためには、あなたが好きなものを選ぶことが大事なのですが、どうしても高カロリーのものばかり選んでしまうという方におすすめなのが高級チョコレートです。


チョコレートは風味が強いため、実際に感じた甘味ほど糖質が入っていないことが多いので、満足感はすごくあるのに実際にはそれほど糖質を摂っていない、しかもお腹いっぱい食べれるようなものでもないので食べ過ぎないというメリットがあるのです。


ちょっとずつ風味や味を楽しみながら、コーヒーや紅茶など香りがよくて糖分の少ない飲み物と一緒につまむだけでも十分甘いものを食べたという充実感と幸福感に包まれるでしょう。


もしもちょっと食べただけじゃ満足感が得られないという方は、どこのものでもいいので人気のお菓子やさんやデパ地下などで評判のいい高級チョコレートを少しだけ食べるという習慣を試してみて下さい。

page top