食べ過ぎたものを帳消しにしてしまいたい

食べ過ぎた


ついつい食べ過ぎてしまったから、その食べたものをなかったことにできないかな・・・と考えたことはありませんか?


綺麗なボディを手に入れるためにもしっかりダイエットをしたいから食べ過ぎないように我慢してきたけど、1日くらいはいいかな?と思って食べ過ぎてしまうことってありますよね。


でも、そういった気の緩みが今の体型を作ってしまっているのも事実だし、かといって我慢しすぎると後でドカ食いしてリバウンドしてしまうと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。


そんな方におすすめなのが、食べ過ぎたものをなかったことにするための方法を知ることです。


食べ過ぎた分のカロリーをゼロにすることはできませんが、吸収を抑えたり排出を促進するサプリや適度な運動を上手に取り入れることで、ストレス解消のために食べてしまった影響を抑えることができるのです。


ダイエットを上手に成功させるためには、食べることを我慢しすぎてドカ食いするよりも、ある程度食べ過ぎてしまう自分を許しながら上手に継続することの方が大事なのです。


糖の吸収を抑えるサプリが500円



食べ過ぎてしまうことは仕方ないとあきらめる

ダイエット中にどうしても我慢できなくて、たくさん食べてしまったという経験は誰にでもあることです。


でも、そこで多くの方が我慢できなかった自分を責め過ぎて心が折れてダイエットをやめてしまうのですが、たくさん食べてしまうことよりも途中でやめてしまうことの方が問題です。


今よりも痩せてきれいになったり健康な体を手に入れることが最大の目的なので、一時的に多少食べてしまったり太ってしまったりすることはそれほど問題視する必要はないのです。


目標体重や期間を決めて実践してきたけど、うまく達成できなかった場合でも、単純に目標が厳しすぎた、またはあなたに合った方法でなかった場合がほとんどでしょう。


だから、ダイエット中に多少たくさん食べてしまうのは仕方ないことだと思って、その分をリカバリーする方法を身に付けて長期的に目標を修正しながら実践していくことが大切なのです。


そのため、食べ過ぎたものをなかったことにするためにどのようなことを実践する必要があるのか、その方法をしっかりと理解しておくことが大切なのです。

食べたものをなかったことにする方法

食べ過ぎたものを後悔してダイエットをしようという気力を失ってしまうのではなくて、どうやったらなかったことにできるのか?その方法をしっかりと知っておくことが大切です。


方法は1つではなく、いろいろなやり方を知っておいたうえで必要に応じて組み合わせていくといいでしょう。


では、食べ過ぎたものをなかったことにするための具体的な方法としては


  • 運動でカロリー消費
  • 食事制限
  • サプリメントを活用

といった方法があります。


減らしたいカロリーの量によって1つでは足りないこともあるので、続けられそうなものをうまく組み合わせて実践していくといいでしょう。


人によって食べ過ぎてしまったと感じる量には差があるので、ここではいつもの食事よりも1000kcalほど多く摂取してしまったと仮定した場合に、なかったことにするためには運動などをそれぞれどのくらいやる必要があるか考えてみましょう。


ちなみに1000kcalがどれくらいかというと、マクドナルドのてりやきマックバーガー:478kcal、ポテト(M):410kcal、ミニッツメイド オレンジ(M):146kcalで合計1023kaclなので、こってりとしたものや甘いものだと結構簡単に摂取できてしまう量です。


運動でカロリー消費

食べ過ぎた分をなかったことにするためにも、運動をしっかりとやろうと考えている方は多いと思います。


体内に余分に貯め込んだエネルギーを排出するには身体を動かすのが一番効果がある思いますよね。


そこで、実際に運動をして余分に摂取した1000kcalを消費しようとするとどのくらいの運動量が必要かというと


※体重が60kgの場合

  • ウォーキング(通常歩行):5時間
  • 軽いジョギング:2.5時間
    ※どちらも945kcal消費

(計算方法⇒グリコ


くらいの運動が必要になるのです。


これを1日で実践するのはアスリートでない限り相当きついですよね。


だから、食べたものをなくすために運動をして余分なカロリーを排出することはもちろん大切なことなのですが、運動だけでは継続するのはかなり難しいことなのです。


そのため、運動と併せて食事制限なども組み合わせることが不可欠になってくるのです。


確かに筋力をつけることで代謝を上げることができるので痩せやすい身体にはなるのですが、すぐにカロリーを消費したいという場合には軽い運動では足りないことがほとんどなのです。


食事制限

食べたものをなかったことにする一番簡単な方法は、当たり前のことですが食事制限をすることです。


ほとんどの方が食事制限は辛くて運動は簡単というイメージを持っているのですが、実際には反対で食事制限の方が楽です。


先ほど運動で1000kcalを消費しようとすると2.5時間もジョギングをする必要がありましたが、食事制限の場合は


1000kcalを3回の食事で減らそうとすると1食当たり約330kcal減らせばいい

ので、具体的にどのような食事制限を行えばいいかというと


  • ごはん普通盛り1杯(約240kcal)+ヨーグルト1個(約60g) = 300kcal
  • ショートケーキ1個:約300〜400kcal

なので、数日にわけて減らそうと思えば運動に比べると結構簡単に摂取した分のカロリーを減らすことができるのです。


1日できっちり落とすことにこだわらなければ、食事制限をうまく取り入れることで余分に食べたものを結構簡単になかったことにすることができるのです。


どうしても食べてしまった翌日には食べた分を消費したいというかたは以下の記事を参考にしてみて下さい。


 >食べ過ぎた次の日のおすすめの食事やリセットするための方法を紹介


今現在、間食をしている方や食後にデザートを食べることが習慣になっている場合は、それを数日控えるだけでも食べたものをなかったことにできるというわけです。


しかも、絶食のように空腹を我慢するようなつらい食事制限をするのではなく、油物や甘いものを避けて野菜や鶏肉などさっぱりとしたものを多くするだけでも、必要なたんぱく質やビタミンを摂りながら炭水化物や脂質を減らすことでカロリーを抑制することができるので、それほどお腹がすいてつらいということもない思います。


また、摂取カロリーとともに意外と塩分の過剰摂取が原因で体内に水分を貯まり、むくみが起きているために太ってしまったと勘違いしている方も多いので、塩分の取りすぎにも注意してみて下さい。


サプリメントを活用

最後に、運動や食事制限はある程度やっているけど、どうしても体重が減らない、または継続が難しいという方は、ダイエットをサポートしてくれるサプリなどを使ってみるのもおすすめです。


あくまでも補助的なものなのですが、最近はダイエットサプリのような補助作用だけでなく効果や効能が認められた機能性表示食品や医薬品なども出てきているので、食事制限が苦手な方にとってもダイエットに取り組みやすくなっています。


だから、なかなか思うように食事が減らせない、運動も続けられたにといった方は、糖の吸収や合成を抑えて排出したり、脂肪の燃焼を助けるようなサプリや医薬品を試してみることも検討してみて下さい。

page top